新しいパジャマを出して思った事態いろいろ

まだまだ梅雨が来ていませんが、温かくなってきたのでパジャマをさっと薄手に変えました。そのパジャマはからきし着ていない、
前に入院したときに女性が買ってきてくれたものです。デコレーションに長い黒い紐のついたこげ茶色のクマのマスコットがついていました。
それなりいい方法だったんじゃないかと思います・そのクマは首から賭けるのか?最初はバストポケットに入ってきたのですが、
一心にわらないから、間もなくしまってしまいました。それからその時帰路、お父さんが臓器の病気で入院したのでお見舞いに行きました。
ラウンジで待っていると、けが人のほうが単独来て窓の外側をどんどん眺めていました。まったく未成年くらいの奥さんで、顔色と言うか
全体的に血色が鋭くなくて、なんとも重たい病気なのかなと思いました。私は、今以上に人のことなど心配しているブランクなどなかったのですが、
なんだかその人のバストポケットには、クマのマスコットが入っていたので憶えいていらっしゃる。良くなるといいねと胸中で思いました。
それと、あれこれ互い自分の時流ほうがあるんだなと思いました。世の中には各種情勢のやつがいるといいますが、
さすが視線で見たりしないとちっともわかりません。自分の未成年の内は、なにやらおかしな目的のわからないことがいくつかありましたが、
その分そのダブル、嬉しい良いことがたくさんあったのでハッピーでした。私はしばしば社主の息子やら乳児やらとおんなじランクになることが多かったのですが、
入院したときの横のベットにも工房を持ってる社主の嫁がいらして、そちらのお支援ちゃんがどうにも奮い起こしてくれました。
とっくのため、心も体もおかしな病気で目的がわからなかったのですが、2ヶ月くらいで退院しまして、
今はこれといったことは何も無くいろいろで生きていますが、良い人たちの行為を見習って連日精進していきたいと思います。ミュゼ ひげ 脱毛

WEBと花見について。

バス好きな僕は、「関西てくてくバス・菊水湯版(地下鉄鴫野駅周辺をウォーキング、ウォーキングその後菊水湯での入浴)」

に同行。ホストちゃんの心的三昧で、中浜浄水立場での花見も含まれていた。

花曇りの空模様ではあったが、満開の桜、桜、桜・・・。ホストの人物に対話を伺うと、

「前週の土曜日に決めるという構想もあった。来週でとの構想もあった」

と。

「前週やったらつぼみだやん。来週やったら散ってますやん」

と僕。グットタイミングとはこういう面。

満開の桜が、約ひと月経った今でも、私の心に咲いていらっしゃる。

前週、長谷寺の牡丹が観たくなり、往き約2時間掛け参上。

しかし・・・私の目の前に広がった展望は・・・

満開のつつじと、最敬礼の牡丹・・・

帰ってきて、長谷寺のHPを確認すると、

「散り始め」

なんで確認してから行かなかったのか。

しかし、愛らしいお寺に参宮できたのと、下落イオンを思いっ切り受ける事ができたのは捕獲であった。

電車賃が悔しいから言っているのではあんまりない事を加えさせていただく。

往き2時間の値打ちはあった。

此度、浅香山浄水立場のつつじを観に行った。

家庭が間近い結果、例年男子と行ってあり、去年も出遅れ行った。

昨年は満開だったのだが、今年は葉つつじになっているところが多かった。

今年は全体的に、洗いざらい開花が速いのだろうか。

花見の時点は難しいと思った次第である。

HPが起こるところは、確認してからいく様に決める。ミュゼ キャンペーン

風の吹きヤツと事柄衡風の事象について勉強した

風などについて受講しました。回転して掛かる円板上で運動する物体の動きを円板上で円板とともに回転しながら見ると、物体にはその工程方向を曲げようと始めるスキルがはたらいているように見える。こういう力を転向スキル(またはコリオリのスキル)といいます。地球上では、物体や風の通路が測量されます。風の吹きユーザーは、基本的に気圧傾度スキルと転向スキルおよび空気と地表の折のスレ力で決まります。転向スキルは北半球では物体の工程方向に直角右向きに、南半球では直角左向きに行ないます。転向スキルのがたいは赤道では0で高緯度ほどものすごく、また物体のステップが大きいほど大きくなります。地上から約1kmより高いところでは、空気と地表の折のスレの影響がありません。そんな上空での風の吹きユーザーは、気圧傾度スキルと転向スキルの2つの力で決まります。すなわち、低圧部へ向かって働く気圧傾度スキルと、北半球では風に対して直角右向きに、働く転向スキルとがつり合った状態で、風は等圧線に平行に吹く。そんな風をポイント衡風といいます。いやに勉強になりました。ベルタ葉酸サプリ 薬局

作詞というものをなめられないというのと校歌は簡単ではないかという

歌が上手い人が歌っても歌詞がダサいとだめというのは、細川たかしだかが歌っているあれですね。
生ビールがーあるーじゃなーいかー、ってやつです。
歌詞の才能がないと、いくらうまくても、つまんねえ歌って思ってしまいます。
その点、演歌に作詞家というのは生きながらえる存在なのだなと思いました。

音楽に走っていた時代、歌詞というものをかなり軽視していました。
しかしまあ、今聞くと、うーんって、やっぱり歌詞で左右されるものが多いよなあと思う事が多いですね。
作詞能力がなかったら、インストルメンタルが一番良いのでしょうかね。

所で、高校の校歌だとか、あの辺、作曲には苦労しないよなあといつも思います。
やっぱり、甲子園を見ていると、よく何とか高校の校歌が流れますが、大体歌えますものね。
メロディ同じでしょう。
あれでは作曲は一体だれがやっているのだろうというくらいですよね。

先生が適当に作っていたら面白いものがありますが、どちらにしても校歌は簡単ではないでしょうかね。エピレ